シェアする

ライブにはディッキを履いていくことをおすすめします。

シェアする

f:id:ak1aims:20160709101912j:plain

皆さんはディッキをご存知でしょうか。最近ライブハウスやフェスなどでよく見かけるあのハーフパンツです。筆者も昨年の頭ぐらいから愛用していますが、今回はディッキに乗り換えた理由やおすすめポイントを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

今まで使っていたもの

f:id:ak1aims:20160709103859j:plain

ディッキに乗り換えるまではユニクロのロールアップスリークォーターカーゴ を使っていました。

ジーンズなどと比較してやはり湿気がたまらないので使っていたんですがいくつか不満に感じる点がありました。

  • 生地が薄く汗が染みると体に密着して動きにくい。
  • そこまで余裕のあるつくりではないのでポケットに物を入れにくい。(ペットボトル等はほぼ無理でした)

そういった結果とあるライブでこんな悲劇が…

f:id:ak1aims:20160709104212j:plain

汚い画像で申し訳ないですが太もものあたりが思いっきり裂けました…そして白いのは汗ですね。生地が薄いと染みやすい上に残っちゃって選択しても中々とれないのが悩みでした。

そこで知り合いに勧められてディッキに購入することに。

購入した色は…

今まで使っていたものと同じNavyを購入しました。Redなどと比較していろんなシャツに合わせやすいかなと思ったのがその理由。ちなみに購入先はAmazon.co.jpでした。

筆者は身長169cm、体重60kgぐらいですがサイズは30を選びました。

とにかく実用性が高い

作業着を作っているメーカーだけあってかなり生地が丈夫だなという印象です。

また、動くことを目的にハーフパンツを購入したこともあり、裾が広く飛び跳ねたり、ステップを踏んだりするときにかなり動きやすくていいなと感じています。

更に、ウエスト以外は余裕のあるシルエットですのでポケットにペットボトルも余裕で入れられることができるのもおすすめしたい理由です。

様々なカラーから選べるのでコーディネートしやすい

f:id:ak1aims:20160709105120j:plain

筆者には無縁のお話ですが20色近いカラーが選べるのでライブ用途だけでなく落ち着いた色であれば普段着として着用することもできます。

筆者は1色しか持っていませんが知人の中には何色か持っていてコーディネートを楽しんでいる人も。

気になるお値段は

おおよそ3000円台中盤から4000円台中盤までの価格です。開きがあるのは並行輸入品が為替の変動を受けやすいからかなと。逆に言えば円高傾向の今はお得に購入できるチャンスです。

これから暑い季節を迎えることですしこの機会にぜひ1着いかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事