シェアする

LiSAのライブは一体どこに向かおうとしているのか

シェアする

いよいよ今週末の7月30日の札幌公演を以って「Live is Smile Always~Hi! FIVE~」がファイナルを迎えます。

筆者も23日24日と名古屋・大阪公演に参加してきましたが色々感じたことがあったのでファイナルの前ですが記事にしました。

ホール公演とライブハウス公演に分かれたツアー

今回のツアーの特徴としてLiSAのツアーでは初めての試みとなるホールでの公演とライブハウスでの公演を並行して開催していることが挙げられます。

公演数自体はホール:11公演、ライブハウス:5公演とホールの比重が大きくなっています。

まあ現状の人気を考えるとライブハウスだけでは明らかにチケットの需要に対して供給数が足りなくなるのでホールが多くなるのは当然のことかと。筆者としてはライブハウスの方が好きなんですが。

ステージ上の演出もホールのほうが色々できますし、結果としてはホールも悪くないなという印象です。(東京×2と横浜しか参加してませんが)

セットリストも当然違うんですがこれもホールのほうが意外と激しかったり…

ただ個人的にはライブハウスの方が好きなので今後も是非ライブハウスでの公演は続けて欲しいと願っています。

共通したお約束事

いつもLiSAを応援頂きありがとうございます。
ライブの開催にあたり、いくつかのお願いごとを記載させて頂きます。
ご来場予定のお客様は必ず目を通して頂けますようお願いします。

******************************

※公演中の録音・録画・携帯電話の使用は禁止させて頂きます。 (携帯電話の使用が必要となった場合は、ホール外にてお願い申し上げます。)

※会場内でのダイブ・モッシュ等の危険行為は禁止させて頂きます。
※公演中に客席内にて混乱が起きた場合は中止、該当者には退場して頂く場合もございます。

※当日は大変混み合いますため、会場内での背の高い帽子・着ぐるみの着用は禁止とさせていただきます。また、サイリウム・ペンライトをご使用の際は、周囲の方にぶつからないようにご配慮をお願いします。(会場によっては更に制限させて頂く場合もございます。)

※ライブにご来場の方は動きやすい服装でお越し頂けますようお願いします。

※各会場ロビーにプレゼントBOXを設置させて頂きますので、プレゼントをお持ちのお客様はこちらでお預かりします。

※ご自身の体調不良や周囲に具合が悪い人がいた場合は、すぐにお近くのスタッフを呼んでください。 また、お客様同士でも手助けいただけますようお願いいたします。
※女性・子供優先エリアを設けている会場もございますのでご活用ください。
******************************

愛と思いやりを大切に、無事に終演を迎えられるよう、 皆様のご協力をお願いいたします。

※以上LiSA OFFICIAL WEBSITEより引用

これがLiSAのHPに記載されているライブのお約束事です。

それに加えて今回は以下の様な文言が加わりました。

★★★今回のツアーでのペンライトご使用につきまして★★★

「LiVE is Smile Always~Hi FiVE~」Zepp会場でのペンライト・サイリウムのご使用は、 お客様の安全確保のため、1Fスタンディングエリアではお控えくださいますようご協力をお願い致します。

また、ブレスレットタイプのライト(リングライト含む)に関しましては全会場・全エリアでご使用いただけます。

********************
ペンライト・サイリウム使用可能エリア…ホール会場の指定席・Zepp会場の2F指定席エリア
ブレスレットライト使用可能エリア…全会場・全エリア
********************

愛と思いやりを大切に、皆様のご理解・ご協力をお願い致します。

※以上LiSA OFFICIAL WEBSITEより引用

ライブハウスのオールスタンディングエリアではペンライトを使うなという内容ですね。

個人的にライブハウスでのペンライトの使用は後方からの視界の妨げや後ろに振りかざして後ろに立っている人が〜という危険があるのであまりいい思いをしていなかっただけにこれには賛成でした。

行ってみたら色々と中途半端だった

まず述べておきたいのが筆者はモッシュなどは壁なども含めしっかりサークル作って周囲を守れているのならば別に否定はしません。

で、結局今回のライブハウスの印象として

・ペンライト触れないのでアニソンライブって言うわけでもない?

・かと言ってモッシュなども完全禁止

・無理やりやろうとして周囲にもその辺りの動き方の教育がなってないので結局周り巻き込んどる→揉め事起こす最悪な展開

といったところでしょうか。

まあ前方圧縮は相変わらずといったところでしたが…

筆者の印象としてはLiSAのファン層ってアニソンから入った人もいればロックナンバーから入った人と幅が広いと思っています。

ただ、今回のライブハウス公演でそういった幅広い層にしっかりアプローチできていたかと思うとその点に関しては「できていなかった」のではないかと思います。

エリアで分けるのもあり?

ペンライト振りたい客層と音楽に身を任せて体を思いっきり動かしたい層を同じ中で共存させるのは中々難しいのではないかと思います。

かといって一方の客層に「来るな」というのも酷な話でいっそのこと「ペンライト振っていいエリア」と「ある程度動いていいエリア」に分けるのもありなのではないかと思います。

※モッシュに関しては主催者側が責任を負わないようにするために「モッシュ禁止」と掲示するのが一般的です。

色々運営側も試行錯誤をされている段階かとは思いますが、現状のままだとあらゆる客層に不満が残るような状態にもなりうるかと。

こういった評論は簡単ですが、実際にどうこう調整するとなると中々難しい部分も多いかと思います。

今後も時間をかけてでも多くの客層が楽しめるようなライブにしていってくれればファンとしても嬉しい限り。

ただ現状はやっぱり「何をしたいのかわからない」かなという印象です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事