シェアする

ナゴヤアニソンフェスの12月23日の公演が中止に。返金対応を実施へ

シェアする

2016年の12月23日から25日にかけて名古屋市公会堂にて開催が予定されていた「ナゴヤアニソンフェス2016クリスマスパレード」ですが、公演まで後1ヶ月ほどというタイミングで23日の公演が中止になりました。

ぴあの公演日情報に記載なし

そもそもコンセプトすら決まっていなかった12月23日の公演なのですが、公式HPには現在も掲載がある一方(中止が発表されました)、公式Twitterやチケットぴあの公演日情報からは既に23日の情報が削除されています。

公式サイトには現在も23日の記載あり

公式サイトには現在も23日の記載あり

pianagoyaanisong

チケットぴあでは既に23日が削除

nagoyaanisongtwitter

公式Twitterでは既になかったことに

公式から何も発表がないのが不思議で仕方ないのですが、以上の情報からも既に23日の公演は中止が決定したと考えて間違いなさそうです。→公式に中止が発表されました。

こちらの記事でも触れていたように運営面で不安があっただけに23日の公演中止はやはりという印象しかありません。


入金済みのチケット代はどうなるのか

先ほどの記事でも触れたように、ナゴヤアニソンフェスでは既に”最速先行”と称して郵便振込でのチケットの先行予約を受け付けています。

中止という流れになった以上当然返金がなされるものと推測されますが、そういった規約なども特に明示しないまま受付を開始していましたのでそもそも返金がなされるのか・それが果たしていつなのかといったことに少々不安が残ります。別日への振替を案内される可能性もある程度はあるのかなと。

→12月から順次返金実施と発表されました。

やはり運営側への直接の振込というのは色々リスクがあるのでチケットを売る側も買う側もしっかりとしたプレイガイドを通すべきなのではないかと筆者は考えます。

残る2日間にも不安が

公演日まであと1ヶ月少々となっていますが、現状発表されているアーティストは25日の4組のみ。

今週末には24日と25日のアーティストが発表されるようですが、全てのアーティストを発表するとはなっていません。公演日まで1ヶ月近くになっても全てのアーティストを発表できていないフェスって正直どうなんでしょうか…

開催地が名古屋なのである程度中京圏外からも集客しないと座席を埋めるのは難しいはず…

早く発表しないとオタクはどんどん別のイベントの方に流れていってしまうと思うのですが大丈夫なんでしょうか…

やっぱり地方のアニソンフェス開催は難しい

福岡の「あにうた KITAKYUSHU」や札幌の「きたまえ」など地方発のアニソンフェスは過去何度も開催されてきましたが、その後開催が取りやめになるケースが多い印象があります。

ナゴヤアニソンフェスも同じ流れを辿ってしまうのでしょうか…杜撰としか言いようのない運営方法には今後に不安が残ると言わざるを得ません。

よくよく考えてみればアニソン3大フェスと呼ばれる「Animelo Summer Live」、「Animax MUSIX」、「リスアニ!!LIVE」の内、国内で関東を飛び出しているのは「Animax MUSIX」だけ。それも大阪のみでの開催です。

集客面やコスト面で地方でのアニソンフェス開催は難しいということなのでしょう。

筆者としては地方の方が手軽にアニソンを楽しめるイベントの開催はどんどん増えていって欲しいところですが、興行である以上お金が稼げないと無理なのでしょうね。

とにかく今冬のナゴヤアニソンフェスが無事開催されることを祈っています。

あ、ちなみに筆者は23日はKalafinaに行きます。

参考:ナゴヤアニソンフェス|NAGOYA ANIME SONG FESTIVAL | ナゴヤアニソンフェス NAGOYA ANIME SONG FESTIVAL の公式WEBサイトです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事