PassCodeのオタク”ハッカー”が飲み会後に次々と感染性胃腸炎を発症し集団食中毒の様相に。

アイドル「PassCode」のオタク通称”ハッカー”の一部の方が次々と感染性胃腸炎を発症し地獄の様相を呈してきています。お酒一杯飲んでそうなイメージがありますが、細菌には打ち勝てなかったようです。

スポンサーリンク

鶏肉が原因のカンピロバクター腸炎の模様

プライバシー保護のためアカウントを特定する情報はモザイクをかけています

今回、発症しているのは”カンピロバクター菌”という菌類が原因の”カンピロバクター腸炎”の模様。

どんな病気なのか調べてみると

 カンピロバクター属は家畜や家禽(鳥類に属する家畜のこと。ニワトリ、ウズラ、七面鳥など)の腸管や生殖器に感染する微生物です。1970年代にヒトの下痢症の原因であることが確認され、感染性腸炎の原因菌として広く認識されるようになりました。現在先進国では、散発性下痢症の原因として最も頻度の高い菌の一つであることがわかってきています。菌は乾燥に弱く室温では長く生きることができませんが、温度が低く湿潤しており酸素にさらされないほど生存日数が長くなります。そのため、冷蔵庫内はカンピロバクターの生存に好ましい環境と考えられます。
春になると花見だったり、歓迎会で何かと飲み会の季節が増えますが、花見などで野外で飲食をする際は衛生管理に十分気を付けたいものです。

引用元:カンピロバクターとは

主な感染経路は肉類による食中毒が最も多く、肉類の中でも鶏肉が大半とのこと。

プライバシー保護のためアカウントを特定する情報はモザイクをかけています

プライバシー保護のためアカウントを特定する情報はモザイクをかけています

発症した方々に共通しているのは

  • 4月8日の夜に居酒屋で鶏肉の刺身を食べた
  • 4月9日に花見をして現地で調理した鶏肉を食べた

の2点。ちなみに周りでは少なくとも4名の方が感染性胃腸炎を発症しています。

後者は火を通していたとのことで前者の鶏の刺身が疑わしいところですが、衛生管理が行き届いていそうな飲食店でそういったことが起こるのはいろいろ怖い。

ちょうど今週末は東京と大阪でPassCodeのイベントがありますが、胃腸炎に苦しんでいる方はたぶん来れないでしょうしお気の毒としか言いようがないですね。

酒に強そうなハッカーの臓器も細菌には勝てずといったところでしょうか。

ちなみに人ー人感染もするらしいので無理に現場に足を運ばれて接触でもしようものなら周りも巻き込まれる可能性があるらしいです。

 

基本的に生の肉は食わない方がいい

衛生管理をしているつもりでも菌自体は肉眼では見えないものなので付着しているか否かは正直わからないもの。

オタク同士でのBBQ企画とかもよくありますが、生の肉は食べない&焼き肉などで生肉を扱うトングで焼いた肉は絶対に扱わないようにするといった対策をとることが重要とのことです。

夏に向けてBBQ主催しようと考えている皆さんはくれぐれもご注意を。

スポンサーリンク


ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す